記事一覧

過払い金を返してもらう

説明

書類がなくても大丈夫

債務整理には、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産という方法がありますが、この方法で借金を減額または帳消しにすることができます。弁護士に相談をして手続きをするのが一般的ですが、何も借金相談は現在返済している人が行うだけでなく、既に完済をした人も過去にしていた借金のことで相談をすることがあるのです。完済をしたから何も問題はないと思われがちですが、実は取引していた人の中には利息を払い過ぎているケースがあるのです。いわゆる過払い金です。過払い金は、本来支払う必要のない利息であるため返還請求をすることは正当な権利なのです。ただし、利息を払い過ぎているかどうか、いくら過払い金があるのかは素人には判断が難しい、どうやって計算をしていいのか分からない部分があります。そこで、弁護士に相談です。相談をする際ですが、当時の契約書や利用明細書、キャッシングカードが必要なのではと思ってしまいます。確かに証拠書類は揃っていた方がいいのですが、弁護士に過去にしていた借金を相談する際には書類不要で取引していた消費者金融の会社名さえ分かれば調べてもらうことができるのです。消費者金融は、既に解約してしまった人でも過去の取引履歴はデータとして保管してあります。つまり、本人確認が取れれば履歴を開示してもらうことができ、後は弁護士におまかせして過払い金の計算から書類準備・発送、交渉まですべて代行してもらうことができ、相談者は和解成立を待つだけです、

Copyright© 2018 借金問題は弁護士相談が大事!満額に近い金額で取り戻すことも可能 All Rights Reserved.